5月のいろいろ

2024/07/02 ブログ
logo

P1010285.JPG堤会長さんから懐かしい写真をいただきました。
5月は母の日です。祖母2人も、母もお浄土にいる今、カーネーションは仏壇にあげるものになってしまいました。
父の姉が2月からずっと父のお守りに来てくれています。父も母も、末っ子同士だったので、兄たちや姉たちの前では「弟」「妹」になっていました。それが私にはとてもほほえましくて、そしてうらやましかったのを覚えています。

人は、悲しいことに「自分」でいられる場所をそんなに多くは持っていないような気がします。母が亡くなり、父はその大きな場所を失いました。母のお通夜の日、夜中にいきなり母のところに父がやってきて、「なんばしよっとか!はよ、起きんか!」と言って、寝室に帰っていった時のことを思い出します。
祖母も亡くなり、父にとっては数少ない甘えられる場所。そして娘としては、そんな場所を与えてくれる伯父、伯母に感謝しかありません。

大事な人を喪った悲しみは本人にしかわからない。それは娘であっても同じ。私が同じように大事な人を喪った時、誰の言葉も心に響かなかったように。

そんな父を心配してみんながご飯をとどけてくださったり、朝様子を見に来てくださったり。
鹿児島から駆けつけてくれたり。
ありがたいことです。

だいぶ細くなり、弱った感じがする父。それでもやはり「お寺」を守っているのは、33年間、言葉にできないほどの苦労を共にした母への想いがあるような気がします。
 

父の親しい方々が、癌になったり、そういう話が立て続けに入ってきて、さらにしょぼんとなっています。
みんなが行く道だとわかっていても、辛く悲しいもの。

生きることは本当に、大変ですね。

IMG_3174.jpg

星ピノにクローバー、すごい確率のものが出てきたので、おすそわけです。おかげでインターハイに行けます(笑)

IMG_4126.JPG

幸せの紫陽花。

みんなが笑顔でいられますように。